ライアの歴史

及び新しい時代の精神

ライア、もしくはかつてリラと呼ばれたこの楽器は私たちの知りえる楽器の中で一番古いものです。

その歴史は今から5千年前のバビロニアの時代までをさかのぼります。

モダンライアはとても若い楽器で、まだ出来て84年しかたっていません。

音楽家のエドモンド:プラハトと芸術家であるW・ローター・ゲルトナーの共同作業によって1926年にこの楽器<モダンライア>を新たな開かれた時代の精神にもたらすことが出来ました。

私たちの工房は、1980年に生まれました。今日、このモダンライアの更なる開花時期に来ています。

ホルスト・レオポルド・ニーダー

(弦楽器制作マイスター)